空に向かって伸びる | 内外海 うちとみ

空に向かって伸びる

  子どもたちの成長はすばらしいものです。
 朝登校する子どもたちの姿がどんどん頼もしくなっていく。今朝は、特にそう感じました。
 校門下の国道ぞいで毎日定点観測しているような感じです。少しづつ背が伸びて、足取りもたくましくなっていきます。

 毎日見ていると、大きな変化には普段気がつかないのですが、ときどき、その子の3年前の姿が浮かんできて、今の姿とオーバーラップすることがあります。集団登校で校門に着く頃には疲れてふらふらだった1年生も今は3年生になって、足腰もたくましくなっています。

 雨の日も風の日も、前を向いて歩き続けて1年経つと、見違えるほどたくましくなる。

 海側に一本の木が空に向かって伸びています。
 この前の風で葉が落ちて、枝だけになっています。
 春には新しい芽が出て、再び新緑から、濃い緑になって、質量感のある大きな木になっていきます。
 空に向かって伸びる木と、子どもたちの成長、この風景がいいですね。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

ご訪問ありがとうございます

カウンター by  無料の画像カウンターはシンプルカウンター

象さん時計

天気予報

今日は何の日?

雨雲レーダー

selected entries

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:498 最後に更新した日:2017/06/13

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM