山に植樹プロジェクト | 内外海 うちとみ

山に植樹プロジェクト

  今日は、いよいよ植樹の日です。
 これまの、ふるさと学習、海の学習をもとに、山に植樹をする計画をして進めてきました。
 6年生は、小浜水産高校生と一緒にアマモ定植に関わり、若狭の特産のなれ寿司を作って、ふるさと祭りで買ってもらい植樹の資金を集めました。
 5年生は、春にとったワカメを袋詰めにして保存し、秋に京都の出町柳商店街で配布し、植樹の募金も集めました。
 植樹をする場所は、学校の裏山です。ここに7月に「志の道」を開き、子どもたちが登ってなじんでいる山です。展望台から海を一望できます。海と山のつながりを感じるにはぴったりの場所です。

 今回のプロジェクトに、多くの方が協力してくださいました。
 嶺南振興局林業水産部、小浜市農林水産課、福井県猟友会小浜支部、内外海地区の漁業者、老人会、OBの校長先生、環境アセスメントセンター
 そして、小浜水産高校海洋科学科の2年生の生徒の皆さんが来てくれました。
 5年生と6年生の子どもたちと合わせて60名にもなりました。

 嶺南振興局の藤井さんから、苗の植え方の説明をしていただき、苗や道具を担いで山に登りました。日当たりのいい場所10ヶ所に穴をほって植樹をしました。支柱をたて、鹿害防止ネットをかぶせて仕上がりです。
 最後に、展望台で記念写真や、セレモニーをしました。子どもたちのプロジェクトに対し、沢山の激励のスピーチをいただきました。5年生、6年生の代表が、お礼の言葉と、未来へのメッセージをこめてあいさつをしました。
 最後に、みんなで、万歳をして、植樹は終わりました。
 
 植えたのは、桜(ソメイヨシノ)5本とドングリ5本です。
 木が大きくなって、子どもたちも成長し、ここに立つとき、志を忘れず、すばらしいふるさとに感謝しながら、志をもって歩んでいってほしいと願っています。

 今日も、天候に恵まれ、こうして心に残る授業ができたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。

コメント
子供達の手で、地球温暖化防止に、毎年プロジェクトが、続くといいですね。
  • Y.OKUSHIRO
  • 2012/12/08 4:38 PM
山に植えた木は、これから空に向かって伸びて行きます。子どもたちの未来と一緒に時間が続いて行きます。この山に登る度に、植えた木の側を通って、あの日の記憶を思い出すでしょうか。「志の道」は、ふるさとの海を一望する場所にあって、海と山をつなぎ、未来に時間をつなぐ道・ルートになればうれしいですね。
  • おおもり
  • 2012/12/09 10:22 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ご訪問ありがとうございます

カウンター by  無料の画像カウンターはシンプルカウンター

象さん時計

天気予報

今日は何の日?

雨雲レーダー

selected entries

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:498 最後に更新した日:2017/06/13

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM