3学期始業式 | 内外海 うちとみ

3学期始業式

  

新年あけましておめでとうございます。

 新しいことが始まるのは嬉しいですね。この気持ちを忘れないで元気な年にしたいですね。

 

 昨日は七草でした。子どもたちに聞くと、おうちで七草がゆを食べた子は25人でした。おうちの人と一緒に手伝った子は0人でした。


 我が家では、七草がゆは恒例の行事になっています。前の夜に七草をまないたでトントンと刻みます。このとき、歌を歌いながら刻みます。

「ななくさ なくさ とうとの鳥が 日本の国へ わたらぬさきに ストトン ストトン ストトントントン ストトン ストトン ストトン トン」

 家内がこの歌を歌いながら、子どもたちと七草を刻むのです。歌詞の内容はどんな意味かは不明ですが、家内の母親が歌っていたものが伝承されています。


 この歌を始業式で子どもたちにも紹介しました。

さて、七草を食べるのは、正月のおせち料理が続いてきたあとの切り替えとしていいタイミングです。七草を食べることで、健康になります。新しい春の芽を食べることで季節を感じます。日本の伝統行事はどんどん廃れてきていますが、家族の時間の中で、続けていきたいと思いました。

元気という字は「元の気」と書きます。
「元気の元ってどこにありますか?」
 と聞いたら、2年生のりょうや君が、おでこのところを指さしてくれました。なるほど、頭にあるのか……。
 ここは脳でも前頭葉のあるコントロールセンターみたいなところです。私は、最初、胸のあたりを押さえようとしていたのですが、子どもの発想の方がすばらしく、納得しました。
 元気を外に出すためには、声を出すことです。例えばあいさつをして声を出す。そうすると元気が出る。そして相手にも元気が伝わるのです。「おはようございます」という元気な朝のあいさつを交わして元気を伝え合うことから元気な一日が始まります。1年の目標をもてば「やる気」も出ます。3学期は、学年のまとめの学期です。そして、次の学年に進む、6年生は中学生になる春です。

1月26日に、学習発表会があります。小浜市働く婦人の家を借り切ってやります。内外海の素晴らしさを、多くの人に伝えて欲しいと思っています。子どもたちの発表や活躍を楽しみです。今からワクワクしています。
 さあ、3学期のスタートです。みんなで七草の歌の手拍子で元気な出発をしましょう。


 ストトン ストトン ストトントントン ストトン ストトン ストトン トン!


(ばっちりきまりました)

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ご訪問ありがとうございます

カウンター by  無料の画像カウンターはシンプルカウンター

象さん時計

天気予報

今日は何の日?

雨雲レーダー

selected entries

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:498 最後に更新した日:2017/06/13

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM