内外海 うちとみ

器械運動発表会

  小浜市小学校の器械運動発表会が市民体育館で行われた。これまで一所懸命練習して来た成果を堂々と発表した。

祖父母参観日

  今日は祖父母参観と給食試食会。ホールでの給食試食会は大家族になった。記念写真もいい笑顔。

敬老会

 敬老会は内外海地域の熱気を感じました。中でも西小川区の創作劇「浦島太郎」は抱腹絶倒でした。志積区のたこおどりは壮観でした。4年生の西川たつまさ君のたこおどりは芸術ものでした。

敬老会に出演します

 明日は、内外海地区の敬老会。1・2年生が出演します。大きな声が響くようになりました。楽しみです。 

子どもたちの風景

  学校の庭に枝を広げてこんもりとした木がある。この木の下にウクレレを置いたらはまった。子どもたちが集まって来てウクレレをひき始めた。休み時間の子どもたちの風景は自然に流れて行く音楽のようです。

素敵な夢の贈呈式

  米の芸術家、ムサさん、グレゴリーさんが制作したドリーム・キャッチャーの贈呈式をしました。空は晴れて青空。「夢に挑戦!」を目標にうしてがんばっている子どもたちにぴったりの素敵なプレゼントです。本当にうれしい出会いでした。最高の日になりました。

よもぎ摘み

  1.2年生が生活科でヨモギ摘みをした。春の野は生き生きとして、柔らかなおいしそうなヨモギが摘めた。田んぼの道を学校に帰っていく子どもたちの姿が水に映っていた。
 それとニュース!1年生教室の横の校舎の壁につばめが巣をして雛が生まれた様子。

社会科の授業風景

 高学年が浦谷さんをゲストティーチャーに迎えて漁業について学習をした。
 定置網の仕組みや、漁師の生きがいや苦労、漁業の現状について話をしてくださった。後継者不足に悩みながら、工夫を積み重ね、海に生きる漁師の気概を感じる授業であった。くじらが網に入ったり、おさがめが入った話、夢を実現したときの喜びなど、子どもたちに話してくれた。心の底から元気をいただいた。
 

ドーリームキャッチャー

  アメリカの芸術家による図工の時間。1・2・3年生の合同授業。ドリームキャッチャーを作った。アメリカの伝統的なお守りで、輪に糸を張り、鳥の羽根をつけた名前札をぶらさげる。これをつるしておくと、いろんな夢がやってきて、いい夢がこのキャッチャーに止まり、羽根から伝って子どもたちの体の中に入るというもの。
 何と「夢に挑戦!」という本校の教育目標にぴったりではありませんか。グレゴリーさん、ムサさんは教育目標を知っていた訳ではないが、彼らのプログラムが、ピタリとはまりました。何といううれしい出会い。
 子どもたちは、竹の輪でつくったリングに凧糸をはって行く。手先の器用さを駆使しないとできない作業であったが、一所懸命つくり、作品に自分の名前も書いて完成した。みんなで記念写真をとった。
 グレゴリーさんとムサさんは、これから、鉄材を使って3mの大きさのドリームキャッチャーを制作し、5月16日に内外海小学校の庭に設置、贈呈してくださる予定。その大きなドリームキャッチャーーに子どもたちの作ったものをつるして完成する。楽しみです。


車いす

  ゴールデンウイークの最終日、「ふれあい健康ウオーク」の皆さん200名が来校した。小浜を出発し、内外海小学校がゴール。「この行事は障害者の社会参加・自立と市民の皆様とのふれあいを目的に開催」(主催者パンフレットから抜粋)
 車いすに乗って全行程を歩いた方もたくさんいた。友愛園の溝口茂さんもそのひとり。歓迎のあいさつで溝口さんが作詞された「車いす」を歌った。

 ぼくのあいぼう 車いす 
 春の野道に つくしんぼう
 ねぼけたカエルが 目をまるめ
 モンシロチョウが 拍手する

 がたがた道を車いす
 くぼみに足が 入り込み
 ななめになって 落ちそうだ
 ひとりぼっちで 動けない

 学校帰りの 女の子
 2人がかりで 引き上げて
 いっしょに河原 散歩する
 やっぱり楽しい 車いす



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

ご訪問ありがとうございます

カウンター by  無料の画像カウンターはシンプルカウンター

象さん時計

天気予報

今日は何の日?

雨雲レーダー

selected entries

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:498 最後に更新した日:2017/06/13

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM